看護士求人の現状

近年、看護士は全国的に不足しており、病院だけでなく訪問看護や福祉施設、診療所などでも求人を常時募集している現状です。

国も看護士へ再就職できるような支援対策を行っていて、不況により全国で失業率が高い昨今、大変注目を浴びている職種といえます。

看護士求人情報の入手

新卒者の方は、看護学校の就職課にある病院からの求人情報や説明会の案内をみて行うケースが多いと思います。

また学校の紹介以外にもナースセンター、ハローワークや当サイトのような人材紹介業などからも求人情報を得られます。また看護を対象とした就職ガンダンスも行われています。

就職先の決め方

皆さんが注目されているのはもちろん勤務形態や給料だとは思いますが、やはり最も大切なのは職場との相性だと思います。

相性というのは職場環境に自分の居場所が有るかどうかです。これらは患者さんや職員の雰囲気から感じ取れたりするかもしれません。やはり就職先を決める前にその病院の施設見学を行っておくことが大切だと思われます。

社会人から看護士への転職を目指す方

看護士の資格を取るには、大学や短大、専門学校などその養成の為の学校で3年以上学んでから国家資格を受けます。ただ社会人の方へは社会人入試制度というものがあり、学科試験の科目が少なく面接や小論文が重視されています。